なぜイボが出来てしまうのか考える

そのほかの治療方法

レーザーを使用することで痛みや出血の少ないイボ治療が可能となりましたが、そのほかにもイボ治療は存在しています。中でも古くから定番のイボ治療となっているのが液体窒素による治療でしょう。液体窒素とはマイナス196℃という低温になっており、この液体窒素を綿棒につけてイボに押し付けます。これによってイボを除去することが出来るのです。

しかし、液体窒素によるイボ治療は低温火傷の状態にして除去しますので、人によっては痛みを感じることもあるのです。そして、治療後の肌は傷口になっていますのでケアも必要になってしまいます。そして、イボによっては皮膚の奥深くまで根を張っていることも多く、一回の治療では治らないこともあるのです。そのため、何度も治療を繰り返す必要があるので注意しましょう。液体窒素はデメリットが多いように思えますが、リーズナブルに治療が出来るというメリットもあります。そのため、選択肢のひとつとして知っておきましょう。

また、イボは内服薬によって治療をすることも出来ます。これはヨクイニンと呼ばれるもので、ハトムギとも呼ばれるものです。これはイボの治療だけでなく吹き出物や免疫力の向上などの効果もありますが、完治するまで時間がかかってしまいます。